STRENGTHS私たちの強み

多彩な熱処理を可能にする『技術力』

私たち『要工業株式会社』は、1976年(昭和51年)の創業から40年以上にかけて各種金属製品の高周波焼入焼戻受託加工事業を行っており、多数のお客様から「熱処理認定工場」として認定され、生産を担ってまいりました。

浸炭焼入事業では、日々精進、研究を行った結果、当社特有の処理方法にて低歪を実現致しました。また、バッチ式浸炭炉でも、熱処理冶具・セット方法・熱処理条件の研究を重ね、熱処理歪軽減を実現しました。

高周波焼入事業では、多種多様な製品に対応出来るよう異なる出力、周波数の設備を多数保有し、製品に合った設備で処理を行うことでロスを少なくし製品に対する負荷を最小限に抑える事が可能です。精密部品から強耐久部品までお客様のニーズにお答えすべく日々精進しております。

このように私たちは蓄積された技術と日々の研究により、高周波熱処理業界のリーディングカンパニーとしての地位を確立し、国際競争力のある様々なパフォーマンスを提供し続けることでMADE IN JAPANの威信を守り続けようと考えております。

多彩な熱処理

充実した設備による『生産体制』

本社工場・第二工場・香川工場の連携

私たち要工業株式会社は、納入先様からの信頼に応えるべく、また品質保証体制を構築し付加価値製品の提供と提案の出来るサプライヤーとしての責任を果たすべく、お客様のニーズに合致した生産体制を本社工場・第二工場・香川工場の連携により行っております。

高周波焼入事業では、高周波焼入設備を12基、焼戻炉を3基保有
浸炭焼入事業では、熱処理炉を24基保有
ガス軟窒化事業ではガス軟窒化炉を3基保有しております。
さらに、歪矯正機設備は5台、検査設備も多数保有しており、最高の品質を保証できるよう努めております。

  • 本社工場
    本社工場
  • 第二工場
    第二工場
  • 香川工場
    香川工場

信頼に応える『品質保証体制』

納入先様からの信頼に応えるために

納入先様からの信頼に応えるべく品質システムの継続的維持改善を常に考え行動し、浸炭焼入事業での企業価値向上を目指しております。

要工業株式会社では、全ての事業所において
品質マネジメントシステムに関する国際規格である「ISO9001」
そして環境マネジメントシステムに関する国際規格である「ISO14001」
を認証取得済みです。

国際標準に適合した生産ラインで、世界に通用する製品を提供するとともに、事業活動における環境への影響を認識し、二酸化炭素排出量削減活動に参画しております。

多彩な熱処理