沿革

1976年 (昭和 51年) 7月 要武夫が歪矯正受託加工を主に個人操業する
1978年 (昭和 53年) 5月 高周波発振装置を用いた熱処理設備を導入し高周波焼入受託加工を開始する
1979年 (昭和 54年) 6月 金属製品の研磨受託加工を開始する
1980年 (昭和 55年) 8月 高周波発振装置の増設に伴い工場の拡張をする
1981年 (昭和 56年) 12月 法人組織に改組、社名を要工業株式会社とし、要武夫が社長に就任する
1984年 (昭和 59年) 8月 研磨受託加工事業部門を子会社として設立する
1985年 (昭和 60年) 5月 研磨加工部門にセンターレス研磨機・円筒研磨機の設備を増設する
1991年 (平成 3年) 9月 資本金 1000万円に増資する
1995年 (平成 7年) 1月 1月17日午前 5時46分52秒 阪神淡路大震災発生
1996年 (平成 8年) 3月 研磨加工部門に円筒研磨設備を3台増設する
2000年 (平成 12年) 1月 品質方針「世界に通用する製品を提供する」を制定する
2000年 (平成 12年) 4月 研磨受託加工事業を廃止し熱処理「高周波焼入受託加工」に事業を一本化する
2000年 (平成 12年) 7月 高周波発振装置の 2基増設とともに工場の拡張をする
2001年 (平成 13年) 8月 新キャタピラー三菱株式会社殿より熱処理認定工場として認定され生産を開始する
2002年 (平成 14年) 1月 株式会社小松製作所殿より熱処理認定工場として認定され生産を開始する
2004年 (平成 16年) 3月 三菱重工業株式会社殿より熱処理認定工場として認定され生産を開始する
2004年 (平成 16年) 7月 熱処理工場の生産ラインに 6軸作業ロボットを導入し生産を開始する
2004年 (平成 16年) 12月 品質の国際規格であるISO9001:2000の認証取得をする
2005年 (平成 17年) 4月 生産ラインに2基目となる6軸作業ロボットを導入し生産を開始する
2006年 (平成 18年) 4月 サイリスターインバー夕ー式低周波発振装置を導入し生産を開始する
2007年 (平成 19年) 1月 環境方針「地球にやさしい事業活動をする」を制定する
2007年 (平成 19年) 2月 株式会社浅野歯車工作所殿との取引が開始しダイハツ工業株式会社向け製品の生産を開始する
2007年 (平成 19年) 8月 工場の拡張と共に営業事務所の改装をする
2007年 (平成 19年) 12月 環境の国際規格であるISO14001:2004のシステムを構築し認証取得する
2007年 (平成 19年) 12月 地球温暖化防止運動チームマイナス6%に参画し削減活動を開始する
2008年(平成 20年) 1月 サイリスターインバータ式低周波発振装置を増設し生産を開始する
2008年 (平成 20年) 3月 株式会社NTN殿より熱処理認定工場として認定され生産を開始する
2008年 (平成 20年) 4月 株式会社カワサキプレジションマシナリー殿より熱処理認定工場として認定され生産を開始する
2008年 (平成 20年) 7月 資本金 2000万円に増資する
2008年 (平成 20年) 11月 要 武夫が代表取締役社長を退任し、会長に就任する。
代表取締役社長には要 潤也が就任する
2009年 (平成 21年) 8月 中村康彦が常務取締役に就任する
2009年 (平成 21年) 11月 資本金を8000万円に増資する
2010年 (平成 22年) 1月 コベルコクレーン株式会社殿より熱処理指定工場として指定され生産を開始する
2010年 (平成 22年) 4月 リョービ株式会社殿より熱処理認定工場として認定され生産を開始する
2010年 (平成 22年) 5月 大久保歯車株式会社殿より熱処理認定工場として認定され生産を開始する
2010年 (平成 22年) 8月 生産量増加の為、2交代制勤務を開始する

Page top