品質保証体制

経営方針

1.経営宣誓

 現在まで諸先輩方が守り続けてきた日本力「MADE IN JAPANの威信」。この威信を守り続けていくことは、我々の永久的課題ではないでしょうか。

この課題について当社では、サプライヤーに対する重要課題であると捉えており、「部品供給責任」を事業活動における最重要課題として位置付けし、ものづくり企業として驕り偽り無く行動し、「部品安定供給と品質改善」を常に考え行動しています。

 この国際的課題に対する当社の答えと致しまして、高周波熱処理業界のリーディングカンパニーとしての地位を確立し、国際競争力のある様々なパフォーマンスを提供し続けることでMADE IN JAPANの威信を守り続けようと考えております。

「日本製品は良い製品」、この世界の認識をこれからも守り続ける為に・・・。

経営方針「お客様に最高のパフォーマンスを提供しよう」

 

2.品質宣誓

 当社は顧客満足向上および部品供給責任を果たし続けるため、生産工程で発生する異常・不適合への継続的改善活動をし、方針達成の為ISO9001:2000品質マネジメントシステムを構築し活動する。

品質方針「世界に通用する製品を提供する」

3.環境宣誓

 当社は、事業活動を通じて、地球環境保全と汚染予防および企業としての社会的責任を全うすることが経営課題であると認識し、この環境方針を制定し継続的改善活動を実施する。

環境方針「地球にやさしい事業活動をする」

4.行動指針

 事業活動が環境に与える影響を把握し、環境負荷を低減させるために環境目的・環境目標を具体的に設定し、定期的に検証を行い継続的に改善する。

        1. 環境に配慮した商品の購入に取り組み、汚染の防止に努める。
        2. 環境関連の法律・規則・条例及びその他の要求事項を順守する。
        3. 重点取り組み環境保全活動
          1. 省資源活動の推進
          2. 省エネ活動の推進  
        4. 全従業員参加型の環境マネジメントシステムを構築し、社内教育を実施し周知徹底と環境意識の向上を図る。
        5. この環境方針は広く一般に開示する。

2009年1月31日

代表取締役社長 要 潤也

 

Page top